コンサルタントの視点

ルールに書いてなければ、何をしてもいいの?


ハラスメント対策で、具体的にNG言動を載せると、

「ここに書いてないことなら、やっていいの?」
みたいなことを言う方が、必ずいます。

なんと次元の低い発言だろう、と思いますが・・・

彼らにそう言わせるのは、
企業側の説明不足も、原因かもしれない。

そのルールが作られた背景、会社の考え方、
理由、目的、あるべき姿などを丁寧に説明し、
そこに納得してもらわなければ
こういった声を抑えることは、できないでしょうね。

ですから、前回書いたような
手作り説明会で、質疑応答することは、大事です。




また私は、ハードとソフトの両面から
ハラスメント対策をしなくては、実効力が無いと考えています。

ハードとは、
しくみやルール、制度のこと。
ハラスメント対策で言えば、規程や相談受付フローなど。

ソフトとは、
一人ひとりが輝くことのできる職場づくりのこと。
ハラスメント対策で言えば、
チームビルディングや対人スキルアップなど。

ハードだけ、ソフトだけでは、
(ハラスメント対策に限らず)どんな施策も
うまくいかないのが、組織です。



人を動かすには、

1.制度
2.個人スキルアップ(教育)
3.場づくり

の3つが必須です。
1がハード、2,3がソフトでしょう。

私は、主に1を担当するコンサルタントです。
2,3に関しては、
クライアントにとって最適な専門家を選び、
共に支援していきます。
list page
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]