コンサルタントの視点

メンタル不調者が増えるのは、何かの知らせかも。

組織って、よく人の体にたとえられますけど、
あなたは、背中が痛い!と言ってる人に、何と声を掛けますか?

普通は「湿布貼っとけば?」ですよね。
「この体操、背中痛に効くって」かもしれません。

しかし、もうちょっとその人のことを考えると、
背中痛の陰に何らかの病気が潜んでるかも・・・
良く調べてみたほうがいいよ、となるでしょう。

そして、何らかの病が発覚したら
それを治した結果、背中痛も収まるんですよね。

さて、私が企業の課題を解決するときも同じ。
メンタル不調者が増えた、またハラスメント事案が起きた、
という企業に、

メンタル研修やりましょう!
ハラスメント防止研修やりましょう!

というのは、二流のコンサルタント。
「湿布貼っとけば?」と同レベルです。
そんなに親身になっていない、というか。

湿布が不要と言ってるんじゃない。
いま、この痛みを抑える!というのも大事です。
が、根本原因を改善しなければ、また痛みは起こる。




ところで、研修(トレーニング)というのは、
主に個人のスキルアップに向いてます。
人材開発の部分。

でも、根本原因は「組織」にアプローチしなければ
改善できないことがほとんどです。

怒鳴ってばかりのマネジャーに
「アンガーマネジメントの研修行ってきて!」というのは
個人へのアプローチ(人材開発)に相当します。
これも必要です。

しかし、もう一歩踏み込んで再発防止まで考えるなら、
「どうして会社でマネジャーが怒鳴る必要が出てくるんだろう?
彼を怒鳴らせてる原因は、何かしら?」ということをあぶりだす。
list page
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]