コンサルタントの視点

メンタル不調防止策の立案方法

前回は、メンタルヘルス対策の全体像を解説しましたので、
今回は、今現在、元気で働いている人が
メンタル不調に陥ることのないよう、
重症化して休職したりするようなことのないよう、
予防する方法について。

メンタルヘルス対策の全体像はこちら

社内で、何をやっていこうか、と話し合うときに
便利なのが、厚労省が提唱する4つのケアを横軸に、
3つの予防(1次予防、2次予防、3次予防)を縦軸にして
表を作ります。

その表に、できるだけ多くのアイデアを書き込み、
優先順位を付けて実行する、というものです。

4つのケアとは、
・セルフケア
・ラインケア
・産業医、保健師などによるケア
・外部の専門家によるケア


3つの予防とは
・1次予防・・・不調にならないための施策
・2次予防・・・不調に気づき、適切な行動を取り重症化を防ぐ
・3次予防・・・再発の予防



衛生委員会や、人事労務の担当者が集まって、
みんなでアイデアを出しながら、表を埋めてみてください。
最初はブレーンストーミングの手法で。
そこから絞り込みます。

そして、どこから手を付けるか考え、
時間、予算を割り振っていきます。

それができたら、年間カレンダーに
実施項目を書き込んで、粛々とやる。
それだけです。
list page
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]