コンサルタントの視点

人事データから、性別・年齢を削除?!

最近、ちょっと衝撃的なことを聞きました。
業績面でも、人事制度でも、何かと話題のGoogleですが、
人事データから、全ての従業員の年齢・性別・国籍・人種などを
削除してしまったんだとか!

うーん・・・ダイバーシティ、ここに極まれり!?

その代わり、

・どういう教育を受けて
(大学名とかじゃなくて、何を専攻し、何の専門家なのか)

・どういう実績(研究成果など)を持ち

・どういうキャリア(職業生活)を歩んできた人で

・今、何ができて

・これから、何を目指したいのか

等が、一人ひとりのファイルに詳述されているそうです。


翻ってわが国では、(特に経団連企業的なところ)
年齢や、性別、大学名などが重要視され
上記のようなことが軽視される傾向にあるのではないか・・・。

それって、
最小限の人数で、最大限の成果を上げなくてはならない
今のわが国にとっては、逆行する考え方ですよね。

そういう、形式ばかりに囚われて人を採用・配置してきた結果が
今、突き付けられているのではあるまいか。

これらにこだわっていながら、
女性活躍推進も無いもんだ。
list page
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]