プラネット・パーソナル・カウンセリング(PPC)

企業のメンタルヘルス対策では、不調者の休復職ルールの整備などが重要ですが、それととともに、健康で働く従業員が、メンタル不調に陥らないための予防策に関しても、積極的に取り組む必要があります。 その一つとして、「カウンセリングサービス」をご用意いたしました。

産業医面談はハードルが高い、かといって職場の上司には相談しづらい・・・そんな時、守秘義務を固く約束されたカウンセラーが活躍いたします。本格的なメンタル不調で休職する前に、「カウンセリングを利用する」という選択肢があることを、広く従業員に伝えていきましょう。

プラネットでは、「カウンセリング」というものを身近に感じて頂き、気軽にご利用いただけるよう、様々なプランをご用意しておりますので、ぜひご活用ください。

カウンセリングとは

仕事のこと、友人関係のこと、職場の人間関係のこと、家族のこと、恋人のこと、または自分自身の性格のこと…人は、さまざまな悩みを抱えながら生きています。仕事以外の悩みが大きすぎて、仕事に支障をきたしている人もいます。

カウンセリングは、そのような悩みや心の苦しい状況を、お話をうかがいながら丁寧に紐解き、今より明るく、軽い心を実現するお手伝いをしていきます。症状によっては、心理療法などの技術を提供させていただき、さらに効率的に快方へ向かえるよう、お手伝いをしていきます。


カウンセリングの方法

お客様のご希望、ご都合に合わせて、下記の3タイプをご用意しております。

・面談カウンセリング

・電話カウンセリング

・スカイプカウンセリング


カウンセリングのメリット

・話を聞いてもらって、すっきりする

・話を(自分の事を)理解してもらう事によって、孤独感や不安感から救われる

・話す事によって、気づき(洞察)を得る

・カウンセラーから、有益なアドバイスをもらう事ができる

・問題を自分ひとりで考えるよりも、内省的な思考が促進され、スムーズに問題解決ができる

・第三者ならではの視点で、助言がもらえる

・心の専門家ならではの、助言がもらえる

・守秘義務が固く守られるため、誰にも話せなかったこと等を、安心して話す事ができる


企業での導入事例

【メンタル不調者面談】
通常業務を行う中で、休みがちになったり、精神的に不安定になるなどの、メンタルアラートが確認された時点で、カウンセリングを行い、メンタル不調を未然に防止するプログラムとしてご利用いただいています。

【エグゼクティブ・セッション】
部長~役員クラス限定のセッション。重責を担っている職務の方を対象に、カウンセリングサービスを利用していただき、自分自身を振り返り、リフレッシュして頂く時間を提供いたします。

【異動者パッケージ】
異動後に不調に陥るビジネスマンが多いことから、異動前と異動後にストレスチェックとカウンセリングを行うサービス。それぞれ、異動前、異動後の両上司にもカウンセリングするのが特色です。

【復職者フォロー】
休職期間を経て復職した従業員を対象に、スムーズに職務復帰が叶うよう、定期的にカウンセリングを行い、安定したメンタルを保つためのフォローとしてご利用いただいています。

【問題部署ヒアリング】
休職者が多い部署や、ストレスチェックでスコアの悪かった部署の従業員をカウンセリングし、問題点のあぶりだしや改善ポイント発見にご利用いただいています。※このサービスに関しては、こちらをご覧ください。


企業担当者の声

◆ストレスチェックの後、高ストレス者がなかなか産業医面接に手を挙げてくれなくて心配していたところ、プラネット・カウンセリングサービスを紹介されました。やはり、会社に知られず専門家に相談できるというのは、従業員の気持ちに配慮した施策ですね。何人もの利用があり、安心しました。
 (製造業250名・総務部長)

◆うちは、まだ従業員数が30名ちょっとなので、産業医契約はありません。ただ、ここ1年くらいで急成長したせいか、メンタル不調者が立て続けに出てしまって・・・。予防の意味でも、プラネット・カウンセリングサービスを利用して全員面談をお願いしたところ、何名か予備軍も見つかり、適切な措置を施すことができ、ほっとしています。
(IT業 32名・専務取締役)

◆もともとわが社は、プラネットにメンタル対策のコンサルティングを依頼しており、復職ルールなど一通り整った段階で、予防の意味でカウンセリングサービスを導入しました。そこで、黄色信号が灯った者は、産業医面談につなぎ、必要があればクリニックを受診してもらうようにしています。カウンセリングの導入で、「早期発見→早期療養→早期復帰」のサイクルを回せるようになってきました。
(小売業2,500名・人事部長)


費用について

・カウンセリングは、原則として、1回あたり60分間です
・従業員数は、雇用形態に関係なく、利用可能性のある人数といたします
・年会費は、契約時にお支払い頂きます
・カウンセリング料は、毎月の利用に応じて請求いたします
・面談、電話、スカイプ、いずれも同料金です
・都内中央5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷区)は交通費がかかりません
・上記以外への出張は、交通・宿泊費等が発生いたします
・記載の料金は、消費税抜きです


担当カウンセラー

瀬尾 純子(せお じゅんこ)

1970年生まれ
日本臨床心理カウンセリング協会認定、臨床心理療法士
日本臨床心理カウンセリング協会認定、臨床心理カウンセラー

立教大学経済学部経済学科卒業後、長年の企業人事経験を経て、人の心にフォーカスした仕事をライフワークとするため、臨床心理カウンセラーとして独立。
来談者中心療法に基づく対話カウンセリングを基本に、ゲシュタルト療法、家族療法、箱庭療法等の心理療法を組み入れたカウンセリングメニューを提供しており、個人カウンセリングは年間のべ100人以上、法人役員のメンタルサポートとしてエグゼクティブセッション、管理職全員面談、部署別全員面談、新入社員メンタルタフネス面談など、企業へのサービスも多数提供している。2016年より、心理カウンセラーの育成も手掛ける。

■企業研修実績: コミュニケーション研修、アサーショントレーニング、ストレスマネジメント研修 等
■登壇・講演実績: 早稲田エクステンションセンター、東京スクールオブビジネス 等

佐藤 直子(さとう なおこ)

1969年生まれ。
神奈川県出身。

社団法人 日本産業カウンセラー協会
産業カウンセラー

2000年に広告企画制作の会社の創業メンバーとして管理職を経験し、
クリエイティブな仕事をしながら、個人で2007年より個人カウンセリングを始める。
来談者中心療法を中心とした個人カウンセリング実績は2014年3月現在、
延べ300名程。
個人カウンセリングに携わることで、仕事の場での人間関係に悩む人が多いことに
気づき、2010年に産業カウンセラーの資格を取得。
現在は、個人カウンセリングだけでなく、企業の従業員の方を対象に、
定期的に面談を行うことで、企業のメンタルヘルスケアの支援も行っている。
また、2013年には就職活動中の学生にキャリアカウンセリングを実施。
相談内容は、メンタルヘルス不調、キャリアカウンセリング、自己成長、
肉親との死別など多岐にわたる。

03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]