小さな保険代理店、プラネットが誕生

 今から10年以上前のこと・・・私たちは、「代理店研修生」として、安田火災(現:損保ジャパン日本興亜)にお世話になっていました。私たち、というのは当社の創業メンバーとなる、根岸勢津子と鈴木伸尚の二人です。意気投合した二人は、公私ともにパートナーとなり、損保代理店・有限会社プラネットを始めたのが、ちょうど2000年の秋でした。社名のプラネットは、英語で「惑星」という意味です。私たちは、お客様を太陽と捉え、常に程よい距離を保ちながら、末永く同じ軌道を描いていきたい、という思いから、社名として採用しました。

保険の限界を知り、リスクマネジメントと出会う

 しかしながら、考えてみますと、保険というものは、事故が起こったときの金銭的な穴埋めでしかありません。事故に付随して起こる混乱や風評被害、ブランドイメージの毀損などは、お金では購えない損失です。他にもっと有効な手立てはないものか・・・。 そんな時に出会ったのが、リスクマネジメントという手法です。考えられるリスクを全て洗い出し、それぞれの事故時のインパクトを予測し、見合った手当てをしておくというもの。私たちにとって、この考え方はとても新鮮でした。それからは、保険の設計のみならず、未然防止や事故時のダメージの最小化もお客様と一緒になって考え始めたのです。

そして、メンタルヘルス対策事業を開始

 ほとんどの事故には、リスクマネジメントの考え方が当てはまるのですが、当時着目されていた、ヒューマンエラー(人の起こすミス)による不正や、情報漏えい事故等には、なかなか未然防止策が見つからずにいました。
 それから数年後、私たちは「企業のメンタルヘルス対策」という分野に出会いました。そこには、働く人の心身の健康状態と、事件・事故の因果関係がデータで示されていました。それを見たとき、「これは!」と閃くものがありました。折しも、わが国の自殺者が3万人前後で高止まりし、労働者の「心の健康」が着目され始めたころです。厚労省から企業に向けたメンタルケアに関する指針も出され、今後、企業の大きな課題になりそうな予感を感じてもいました。 
 そこで、しばらく調査・研究に時間を費やしたのち、本格的に事業化したのが2006年7月。それと同時に有限会社から株式会社に組織変更し、現在の株式会社プラネットが誕生したのです。

私たちのミッションと行動指針

 メンタルヘルス対策支援と保険の設計・販売を通じ、働く人の健康と企業の安定的な運営を推進し、生産性向上および労務トラブルの防止に貢献することを使命といたします。

<行動指針>
1.どんなときにも、笑顔でお客様に対応いたします。
2.お客様の問題解決に必要な事柄で、自分たちの担当外のことは、優秀な専門家につなぎます。
3.見積金額以上の仕事が発生するときは、お客様に事前にご相談します。
4.お客様と利益相反になる可能性のある第三者からの相談は受け付けません。
5.お客様の秘密は固く守ります。無料相談であっても同様です。
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]