FAQ(よくある質問)

ご相談について

コンサルタントに相談したいことがあるのですが、有料ですか?

■ お電話でのご相談・・・初回(30分まで)無料です。その後は、30分につき5,000円(税別)を請求させていただきます。予約制となります。
■ 面談によるご相談・・・2時間 3万円(税別)

※コンサルタントが、お客様ご指定の場所に伺う場合は、距離によって交通費や日当のご負担をお願いする場合がございます。

いずれも、こちらにご希望の内容を入力し送信頂ければ、3営業日以内にプラネットより連絡し、詳細をお伝えいたします。

相談時の秘密は守られますか?

ご安心ください。ご来社(面談)による相談では、お話を伺う前に、プラネットから「機密保持誓約書」をお渡しいたします。

コンサルティングについて

コンサルティングは、だれが担当するのですか?

代表の根岸勢津子が直接ご指導いたします。

どのような企業が、プラネットのコンサルティングを受けていますか?

規模、業種ともにさまざまなお客様がおられますが、下記のいずれかに当てはまる企業が多いようです。

  • 多店舗、多拠点展開の企業
  • 歴史の古い会社(幅広い年代が勤務)
  • M&Aなど組織の変更などがあった企業
  • 非正規雇用者が多い企業
  • グローバル展開している企業
  • 客先に従業員を常駐させている企業
  • 上場準備中の企業

また、およそ5割が製造業、5割がサービス業、また、およそ7割が上場しているか、または上場企業の子会社という構成になっております。

導入事例はこちら

コンサルタントは、社労士や弁護士の資格を持っていますか?

いいえ、いずれの資格もありません。就業規則の見直しや、規程作りに関する助言には、社労士/弁護士の資格は法的に必要とされていません。むしろ、いずれの資格にもとらわれない「素人力」や、外部コンサルタントとしての視線を大切にしております。

地方でも、コンサルティングが受けられますか?

もちろん大丈夫です。ご来社になるケース、コンサルタントが出張するケース、両方対応しております。出張の場合は、交通費や宿泊費をご負担いただきます。

現在、不調者がいないのに、コンサルティングを受ける意味がありますか?

「後始末より先始末」と言います。不調者がいないときこそ、規程/ルール作りのチャンスです。全従業員が健康な時に、新しい規程や仕組みを作って予防策を実施しておく方が、不調者対応で苦しむより、ずっと安上がりなのです。地震などの災害と同じで、昨日まで居なかったからと言って、明日からも居ないとは言い切れないのが不調者です。そしてその確率は地震などよりずっと高いのです。

社内規程作りを、外部の人に頼むことに抵抗があるのですが?

確かに、規程は企業の法律ともいえるものですから、基本的には内製化すべきものですが、企業防衛の視点に立った規程作りとなると、社内に経験者がいないことも多いでしょう。

しかも、プラネットでは、多くの導入事例から生み出された、独自のひな形・帳票類を豊富に用意しています。自己流で、不安を感じながら規程を作るより、専門家と一緒に内容を確認しながらの方が、早くて安全です。

03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]

産業医のことでお困りなら・・・

ハラスメントプログラム

無料ツール

メルマガ登録