ハラスメント対策コンサルティング

いまやハラスメント防止・対策は
すべての企業に必要なリスクマネジメント

 国に寄せられる労働者からの相談で、ついに「いじめ・嫌がらせ」(ハラスメント)がトップになったことから、社内のルールや相談窓口を充実させたい、という企業からの声が増えてきました。社内に隠れたいじめが横行していたり、様々な嫌がらせが放置されたままだと、生産性が下がるばかりではなく、離職率の悪化や、安全配慮義務を問われて企業が賠償リスクを抱える、といった問題にまで発展しかねません。今や、パワハラ/セクハラのみならず、あらゆるハラスメントは企業が防止・対策の基本方針を打ち出し、企業リスクマネジメントとして取り組む時代となりました。

最低限のポイントのみを押さえた、実用的なコンサルティング

 プラネットでは、初めてハラスメント対策に取り組む企業や、対策の効果がみられない企業向けに、実効性ある仕組みと運用方法が手に入るコンサルティングを提供しています。研修をやっただけ、相談窓口があるだけ、といった企業も、実効性ある対策とするために、是非ご検討ください。会社が訴えられてからでは遅いのです!

効果的なハラスメント防止・対策とは

 ハラスメント対策コンサルティングは、以下の3つから成り立っています。

1.ハラスメント防止・対策規程づくり

ハラスメントを防止するには、社内に明確な規程・ルールが存在することが第一歩です。規程には、禁止事項を記載するのはもちろんのこと、防止体制に関すること、違反行為に対する懲戒に関することなどを盛り込み、抑止効果を持たせます。プラネットが用意するひな形を参考に、御社のコンプライアンス規程などとのバランスを見ながら策定していきます。また、禁止事項を定める際、社内聞き取り調査などのフィールドワークも実施しております。コンサルティング費用には、8回分の聞き取り調査が含まれております。

2.苦情・相談受け付け体制の整備

社内におけるハラスメント行為に関する苦情や相談を受け付ける窓口を設置します。正規雇用の従業員のみならず非正規雇用者にも利用を広げることで、問題の芽を早期に発見、摘み取ることが可能となります。また、相談窓口があっても、相談の受け付け方、問題解決の方法がルール化されていなくては機能しません。いざというときに初動が遅れることの無いよう、マニュアル化しておくのがよいでしょう。

3.啓発/教育計画の立案

規程と相談窓口の用意ができたら、その内容を全従業員に周知徹底し、ハラスメント防止に関する啓発活動を行っていかねばなりません。コンサルティングでは、全社員向けのリーフレット案を考えたり、研修の計画を立てたりします。コンサルティング費用には、2回分の研修が含まれております。

プログラムの進め方

 コンサルタントが企業を訪問し、1回2時間程度のミーティングを5~6回行います。4回目までに、コンサルタントが社内調査(複数の階層からヒアリング)を済ませます。

※本パッケージには、従業員に対する聞き取り調査8回分が含まれております。
※本パッケージには、2回分のハラスメント防止研修が含まれております。

成果物

ハラスメント対策・防止規程、相談受付フロー図、相談帳票3~4種類、リーフレット原案、研修計画表

リーフレット見本

従業員一人ひとりに配布するリーフレット。ヒアリング調査から抽出したことがらを中心に禁止事項を明記し、相談窓口の案内など、両面印刷の三つ折パンフレットに仕上げた例です。
※本パッケージは、リーフレットの原案作成までを支援するものであり、印刷代は含まれておりません。

コンサルティング期間

およそ5~6か月程度

コンサルティング費用のご案内

■ハラスメント対策コンサルティング 一式 180万円(税別)

プラネットでは、ハラスメント対策を構築する上で、欠かせない要素であるメンタルヘルス対策コンサルティングも提供しております。
ビジネスマンのメンタル不調の原因の多くが、ハラスメントであることを考慮して、両方の対策を一気に実施することをお勧めしています。
2つを組み合わせれば効果絶大!費用的にもお得です。下記の価格表をご参考に。

03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]