実際に給付金を受け取った方の声

メーカー勤務 Aさん 男性48歳

仕事を終えて午後6時ごろ車で会社を出ました。とても忙しい一日でした。ちょうど辺りが薄暗くなってきた時間帯で、そんな際にわき道から出てきた自家用車と接触してしまったのです。この事故で肋骨骨折、肺挫傷などの重傷を負いました。約2ヶ月の入院後、リハビリを開始。現在毎月10万円の保険金を受け取りながら職場復帰に向けて頑張っています。この保険金が無かったら、毎月の住宅ローンや生活費に悩まされて、したくもない借金をしてしまったかもしれません。

金融機関勤務 Bさん 女性 37歳

胸のしこりが気になり、病院で検査を受けたところ乳がんが発見されました。
抗がん剤の投与と温存療法を選択、発見から約4ヵ月後に手術を行いました。約半年の入院とその後4ヶ月の自宅療養を経て、現在元気に職場復帰しております。夫も働いておりますが、療養期間中に受け取った毎月15万円の保険金が経済的な安心感を与えてくれ、生活をそれほど変化させること無く精神的にゆとりを持って治療に専念することが出来ました。この制度をスタートさせてくれた会社に感謝しています。

都市銀行勤務 Cさん 女性 42歳

最初は内科の病気かと思ったんです。胃のあたりがすっきりせず食欲がない毎日が続いておりました。そのうち、めまいや肩こりもひどくなり、病院に行ったところ、特に悪いところはないといわれ、念のためにと心療内科を紹介されました。するとそこで、うつ病の診断が下ってしまったのです。

3か月の休職を要するという診断書を前にし愕然としましたが、早く良くなって職場に復帰することが自分の勤めと考えて、今は自宅療養中です。現在休職は4か月目に入りましたが、会社と定期的に連絡を取り、来月からリハビリ出社の予定です。1人暮らしなのですが、GLTDから毎月10万円が支給されますので、家賃や食費の心配なく安心して療養に専念することができます。
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]